カラダアルファ

MENU

子どもは何時頃寝たほうが成長に良い?

 

 

子どもは21時〜0時の間には寝たほうが良い
と言われてます。

 

21時〜0時の間は特に「成長ホルモン」が分泌されるので、
その時間帯に睡眠をとると身体や脳の成長に繋がります。

 

ちなみに成長ホルモンの役割は、

 

 

  1. 骨を伸ばす
  2. 筋肉を成長させる
  3. 炭水化物やタンパク質、資質の代謝を促す
  4. 疲労を回復する

 

 

などがありますので、子どもの健康状態を良くするためにも
睡眠の時間を確保するのは大事であるといえます。

 

また背を伸ばしたいお子様がいたら、
寝るといいんだよ〜と、伝えてみても良いと思います。